DHAやEPA

青魚には、まぐろ、さば、さんま、ぶり、はまちが代表的なものですが、その青魚にはDHAやEPAといった、美容と
健康に良い成分が豊富に含まれています。DHAやEPAは、白身魚に比べて青魚に多く含まれます。DHAやEPAは
" 必須脂肪酸 " といって、常温でもなかなか固まりにく性質があり、血液をサラサラにする効果があるのです。これ
によって人間の身体は血行がよくなり、体温が上昇します。それは、冷え性の方や貧血に悩む方の改善に役立ちます。そ
れだけではありません。DHAの、脳を活性化させる働きによって、学習機能が上がったり、認知症の予防にも良いとい
われています。赤ちゃんが飲む、粉ミルクの成分にも配合されています。DHAやEPAは、サプリメントでも市販で手に
入れることができますが、できれば、日々の食生活から天然のDHAやEPAを摂取したいですよね。そこで、調べた結果、
青魚の中でもDHAとEPAの成分が優れているのは" サバ " だそうです。さばは、EPAの成分は他の青魚を差し置いて
第一位☆の含有量!そこで新たな発見をしたのですが、EPAには健康に良いだけでなく、最近ダイエットにも良いと注目
されている成分だそうです。GLP−1という痩せホルモンの分泌を促してくれる成分で、余分な糖分や体脂肪を代謝してく
れ、さらに満腹感が得られるように、食欲を抑制してくれるもの。さらにちょっとした運動でも代謝がUPする効果もある
ので激しい運動が苦手な方にもってこいの助っ人です。そこで、サバを積極的に日々の食材に取り入れることをおすすめしま
ますが、毎日スーパーに行って生のさばを買わなくても、"サバ缶"を何個か常備しておけば、便利です。味も程よくついて
いるので、そのまま食べる事ができます。是非、サバ缶を利用して、置き換えダイエットにしてみましょう!