食欲・空腹をスルメでごかます?!「するめダイエット」の良い所

間食や、夕食後のお腹が空いているときにスルメを食べることで、空腹感がまぎれさらに小顔になれると言います。するめダイエットと言われていて、食欲を抑えることが難しい人やどうしても食べ過ぎてしまう人に向いているダイエット方法です。ダイエットと言うからにはカロリーが気になりますが、実はスルメは高カロリーなのです。

 

100gで330キロカロリーもあるのですが、スルメは固く何度も噛まなければならないため、顎が疲れてしまうのでそんなに多くの量を食べることは不可能です。そのため食べる量が少なくて済むので、ダイエット中の間食には最適です。さらに固いスルメを噛むことで満腹中枢が刺激され空腹感が満たされるので、食欲を抑えることができるようになるのです。

 

固いスルメを噛むにはかなりの力と何度も噛むことが必要です。そのため顎周りの筋肉を使うことになり小顔になれるという嬉しいおまけもついてくるのです。また、何度も噛むことは脳にも良い刺激を与えると言われています。

 

やり方は間食やお腹が空いたときにスルメを食べるだけです。何度も噛むことで満腹中枢を刺激する必要があるため、柔らかく噛み切れるものではなく、固いスルメを用意しましょう。おやつだけではなく食前に食べるようにすると、スルメを噛むことで満腹中枢が刺激されるので食事の量も少なくすることができるとも言われています。

 

またスルメにはカロリーを気にするため野菜中心になり、ダイエット中には不足してしまいがちなたんぱく質やカルシウムがたくさん含まれています。たんぱく質の摂取量が減ると人間の身体は筋肉を分解して糖質にすることでエネルギーを確保するため筋肉が減り、その結果基礎代謝量も減ってしまうのです。スルメを食べることでたんぱく質の補給ができ、さらに新陳代謝を上げると言われているタウリンも豊富に含まれているというダイエットには嬉しい食材なのです。

 

無理なく痩せることができ、小顔にもなれるスルメダイエット。