カロリー控えめなのに満腹感アリ!おからダイエットのやり方

ダイエットに効果的な食材はさまざまありますが、低カロリーなのに満足感がある食材としておすすめのがおからです。

 

おからは豆腐を作るときにできる豆乳を絞った残りかすです。残りと行っても、食物繊維が豊富で糖質もわずかで、たんぱく質やカルシウム、カリウムやサポニンなどのほか炭水化物が含まれているためダイエット中に不足しがちになる栄養素を補うことができます。低糖質食材ですので、脂肪になりにくい食材になります。

 

低カロリーで水に溶けない不溶性の食物繊維セロルースが豊富なため、腸のぜん動運動を促して整腸効果があります。腸の動きを活発にするため、便秘の改善や老廃物の排出を促すだけではなく、大腸がんの予防にも役立つとされています。

 

食物繊維は水分を吸収することによって、お腹の中で膨らむ性質を持つため腹持ちが良く食べ過ぎを防ぎます。また、含まれているサポニンは血液に付着した脂肪の掃除を行い、腸を刺激します。サポニンを取り入れることで、生活習慣病の予防と也、肥満予防に最適な栄養素となります。

 

おからダイエットのやり方としては、メニューに取り入れて食材のカロリーカットを行うだけです。普段食べているハンバーグやシチュー、パスタやサラダ、お菓子にまで取り入れることによって普通のメニューよりも大幅にカロリーを低くすることができます。

 

おからの良いところは冷凍保存の聞くところです。生おからなどは安価でかえるため、多めに購入して冷凍保存しておくというのもおすすめです。やり方としては、買ってきたおからを小さめのビニール袋に100gずつほど小分けにし、冷凍庫に入れておくだけで保存することができます。冷凍保存とはいえ早めに使い切ることが良いとされており、毎日取り入れることがダイエットのためにも良いとされています。

 

おからを普通の食事に混ぜるだけでカロリー制限をすることができるようになります。しかし、これだけではなくバランスよく栄養を摂り、運動をしていくことがダイエットには大切です。